ヨーグルトを食べればビフィズス菌が取れる?それとも取れない?

私たちの体に有益な効果をもたらす善玉菌のひとつ「ビフィズス菌」

健康を考えるならば、ぜひとも摂取しておきたい菌のひとつです。

ヨーグルトを食べることで乳酸菌が取れるとよく耳にしますが、ビフィズス菌を取ることはできるのでしょうか?

気になる疑問を解消するために調べてみたので、詳しく紹介したいと思います!

ビフィズス菌は健康に欠かせない善玉菌!効果について確認

腸内で良い働きをもたらす善玉菌のひとつ「ビフィズス菌」は私たちにとってもうれしい効果をもたらしてくれます!

ビフィズス菌の作用を確認してみましょう。

悪玉菌の発生を抑制し、腸内フローラを整える

ビフィズス菌を摂取することで、腸内で悪影響を及ぼす悪玉菌の数を減らすことができます。

悪玉菌は便秘や下痢、体内でガスが溜まったり、肌荒れの原因となってしまいます。

また、自律神経の乱れさせて、体が疲れやすくなってしまうんです。

ビフィズス菌を取ることで悪玉菌の発生を防ぎ、腸内環境が整ってこれらの悪影響を解消することができますよ。

免疫力を強化してアレルギーや感染症の予防に!

私たちは知らないうちに病原菌やウイルスを日常的に吸い込んだり、感染した食べ物を口にしたりしています。

また、人の体では毎日何千個ものガン細胞が生まれるといわれているんです。

これらウイルスや細胞の悪影響を未然に防いでいるのが免疫で、ケガや病気の治りを早めたり、アレルギー反応を抑える役割もしています。

免疫の中でももっとも強力な細胞がNK細胞。

ビフィズス菌を摂取するとこの細胞を活性化させ、がん細胞やウイルスを破壊してくれます。

私たちが健康でいるためにも免疫力が低下しないようにする必要がありますが、ビフィズス菌はそれをサポートする働きがあるんですよ。

美容にも効く!ビタミンの合成作用

ビフィズス菌は美容効果をもたらす「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12」「葉酸」「ニコチン酸」といったビタミンB群や、健康な骨づくりに欠かせない「ビタミンK」を合成します。

つまり、ビフィズス菌は健康もそうですが、美容効果にも優れている善玉菌ということになります。

常にキレイな肌を維持するためにも、ビフィズス菌によるビタミン合成作用はかかせません。

ヨーグルトからビフィズス菌はとれる?

様々な健康効果が期待できるビフィズス菌ですが、ヨーグルトから摂取することができるのでしょうか?

基本的にヨーグルトからはビフィズス菌がとれない

ヨーグルトを食べることで善玉菌である乳酸菌を増やすことができるので「じゃあ、同じ善玉菌のビフィズス菌も増やせるんじゃないの?」

と思われがちですが、普通のヨーグルトに入っているのは基本的に乳酸菌だけ。

つまり、ヨーグルトを食べてもビフィズス菌を取ることができません。

普通のヨーグルトは主にブルガリア菌とサーモフィラス菌という2つの乳酸菌からつくられます。

この2つの乳酸菌をつかうことによって、ヨーグルトの発行が速まり、ヨーグルト独特のさわやかな風味を醸し出すことができます。

しかし、ビフィズス菌は酸素や酸性に弱く、簡単にヨーグルトにつかうことができないんです。

そのため普通のヨーグルトではビフィズス菌を取ることができません。

ビフィズス菌入りの特別なヨーグルトならとれる

ビフィズス菌は牛乳を発酵させる力が弱いうえに、酸性や酸素に弱いためビフィズス菌をヨーグルトに混ぜるのは難しいんです。

しかし、国内外のメーカーが研究を重ねて努力をした結果、ビフィズス菌入りのヨーグルトを開発することに成功し、いまでは市場に多くのビフィズス菌入りヨーグルトが出回っています。

スーパーやコンビニなどで売られていますので、興味があればぜひ探して購入してみてはいかがでしょうか?

ビフィズス菌をとるならヨーグルトよりもサプリメント!

ビフィズス菌をとるならビフィズス菌入りヨーグルトよりもサプリメントがおすすめです。

ビフィズス菌は生きたまま腸に届けることで効果を期待することができますが、ビフィズス菌は酸性に弱い特徴を持っており、胃に運ばれるとほとんど死んでしまいます。

ビフィズス菌入りのヨーグルトではビフィズス菌のほとんどが死んでしまい、生きたまま腸に届けるのが難しいんです。

しかし、ビフィズス菌入りのサプリメントであれば、生きたまま腸へ届けるように酸に強い特別なカプセルを使用しています。

ビフィズス菌入りのヨーグルトでは少量しか、腸へ運ぶことができませんが、サプリメントならしっかりとビフィズス菌を生存させたまま届けることができますよ。

ビフィズス菌が手軽にとれる!おすすめビフィズス菌サプリ

ビフィズス菌を効率的に取るならヨーグルトよりもサプリメントがおすすめ!

ここでは、ビフィズス菌入りサプリの中でも特に効果的な商品を紹介させていただきます。

16種類もの菌を配合!【乳酸菌革命】

乳酸菌革命は、健康食品で有名なサンミリオンで製造・販売されているサプリメントです。

ビフィズス菌はもちろんですが、それ以外にも15種類の乳酸菌が含まれており、ビフィズス菌と共に腸内で健康な働きをもたらします。

また、耐酸性カプセルを使用しており胃酸や小腸の胆汁からビフィズス菌を守り、生きたまま腸へ届けることができるんです。

ビフィズス菌とともにたくさんに乳酸菌があなたの体を健康に導いてくれますよ!

外から補給&体内から増やす!【ヘルスエイド・ビフィーナEX】

ヘルスエイド・ビフィーナEXは明治26年から創業している大手医薬品メーカー「森下仁丹」が販売しているサプリメントです。

このサプリメントにはビフィズス菌「ロンガム種BB536」が含まれており、生きたまま腸に届き免疫細胞の活性化や大腸がんの予防に役立ててくれます。

また、ビフィーナEXにはビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖も配合されており、体内のビフィズス菌を増やすことができるんです!

ビフィズス菌を外から補給と体内から増やしたい方はぜひヘルスエイド・ビフィーナEXをお試しください。

150億個のビフィズス菌を配合【ビヒダスBB536】

最後に紹介するのは、誰もが知る森永乳業から販売されているビヒダスBB536です。

ビヒダスBB536に使用されているビフィズス菌BB536は、健康な乳児から発見されたヒト由来のビフィズス菌で、私たちの腸内ととても相性よく効果的に腸内で健康効果をもたらします。

また、森永独自のカプセルを使用し、腸までの生存率を高めているサプリメントです。

1日目安分に150億個のビフィズス菌を配合し、摂取することで一気に補給することができます!

ビフィズス菌の整腸作用や免疫力アップといった健康効果が早くあらわれてほしい方は、ビヒダスBB536をお試しください。

まとめ

健康にいいビフィズス菌ですが、基本的にはヨーグルトを食べても補給することができません。

ビフィズス菌は牛乳を発酵させる力が弱いうえに、酸素に弱いという特徴があるため、ビフィズス菌でヨーグルトをつくるのが難しいからです。

しかし、国内外の研究のすえ、ビフィズス菌入りのヨーグルトも開発され市販されています。

ヨーグルトを食べてビフィズス菌を補給したい方はぜひ、ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べましょう。

しかし、ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べても体内で生存するのが難しく、生きたまま腸に送るのは難しいんです。

しっかりと生かしたままビフィズス菌を腸に送り届けたい方は、ビフィズス菌入りのサプリメントを飲むようにしましょう!

メーカー独自の耐酸性カプセルによって、ビフィズス菌をしっかりと腸内に送ることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です